ロゴ

Column article

2016/04/12

飲む日焼け止めって何?海外で主流の新しい日焼け対策法とは

 
紫外線は、5月~7月が一番多いと言われています。
みなさん紫外線対策はどうしていますか?

実は今、TVや雑誌で紹介されたことから、ある日焼け止めが注目されています。
その日焼け止めとは、「飲む日焼け止め」です。

飲む日焼け止めって何?
と、首をかしげる方も多いのではないでしょうか?

飲む日焼け止めとは、つまりサプリメントを飲むだけで、紫外線対策が出来てしまうという「画期的なアイテム」なのです。

では、どのような効果や働きにより紫外線を防ぐことができるのか、
今日はその仕組みや成分に着目し、まとめてみました。

 

飲む日焼け止めに含まれる成分とは?

飲む日焼け止めには、主成分に「ニュートロックスサン」という成分が含まれています。
ニュートロックスサンとは、南スペインのアリカンテ地方のシトラスとローズマリーを元に作られた成分です。

あまり耳にしたことのない成分ですが、すでに海外では認知度が高く、その効果に関して高い評価をされている成分なのです。

では一体、この成分にはどんな働きがあるのでしょうか?

 

ニュートロックスサンの働きとは?

ニュートロックスサンには、紫外線のダメージにより発生する、活性酵素を体の内側と外側から「排除してくれる働き」があります。

活性酵素とは、体を酸化させてしまう成分で、これが体内に大量に発生することで老化のスピードを早めてしまいます。
老化のスピードが早まるということは、「しみ」や「しわ」などが、増えてしまうと言うことです。

人によって老化が早かったり遅かったりするのは、紫外線から受けた「活性酵素の量」によって変わってくるのです。

つまりこの活性酵素を働きをうまくコントロールすることで、「紫外線対策は可能」という事になります。

 
一般的な塗るタイプ日焼け止めは、この活性酵素を発生させないために、体の外側からバリアを作っていた訳です。

ですが、プールや海、汗によって日焼止めが落ちてしまったり、手が届く範囲でしか塗れないのでムラが出来てしまうなどの欠点がありました。
また、敏感肌の方は、合わない日焼け止めを塗ることで被れてしまうなどのトラブルもありました。

そんな欠点を見直し、誰でも「安全に紫外線対策」をすることが出来るのが、今注目されている飲む日焼け止めという訳です。

 

飲む日焼け止めの効果は?

紫外線から発生する活性酵素を抑えながら、「炎症を抑える効果」もあります。
また、メラニンを抑制し日焼けを防いでくれるので、「美白効果」、「シミ」や「くすみ」になる原因をしっかり抑えてくれます。

他にも、一般的には紫外線による放射線の働きで、細胞はバラバラに壊れてしまうのですが、飲む日焼け止め摂取しただけで、70%もの細胞が守られたそうです。

体の「内側」からも「外側」からも日焼け対策をしてくれるのが、飲む日焼け止めです。

 

紫外線は体に悪い?

ここで間違った認識を持って欲しくないのは、紫外線は決して悪いものではなく、人間が健康的に生きていく上で「必要不可欠なもの」であると言うことです。

規定の紫外線を浴びることで、人の免疫力を高める「ビタミンD」を体内に生成します。

 
ビタミンDには、ガンや骨粗鬆症、多発性硬化症などを予防する働きがあります。
実は、発育期の子供や、高齢者には、特に日光浴は大切なことなのです。

そのため、紫外線を完全に防いでしまうということは、病気になりやすくなったり、体を弱くしてしまいます。

 
だからといって紫外線を大量に浴びることは、冒頭でも説明した通り、日焼けで肌が焼けてしまったり、炎症・老化を加速させる原因になります。
大事なのはその浴びる量と言うことです。

 

浴びる量を調節するにはどうしたらいいの?

健康的な日光浴とは、どのくらいの時間なんでしょうか?
実はこれが、非常に難しいところです。

1日に必要な量は、天気の状況、肌の色(色の白い人はビタミンDの合成能力が高いので、長時間浴びることはよくありません)、年齢、体質などにより人それぞれなのです。
これを個人で把握している人は、まずいないでしょう。

 
専門家達に、飲む日焼け止めが最も注目される理由は、実はここにあります。

紫外線を浴びたことによる活性酵素の量を体内で「コントロール」してくれるので、体に害をもたらす働きは抑え、体が必要とするビタミンDの生成は促してくれます。

つまり、体が必要とするビタミンDを生成しながら、炎症・老化を加速させる活性酵素の働きを抑えてくれるので、「健康的に日光浴」が出来るのです。
体が必要な分だけを調節し、必要のないものには排除します。

塗る日焼け止めには、活性酵素の働きは抑えられても、ビタミンD生成に必要な紫外線もバリアしてしまうので、健康的な対策とは言えないわけです。
これが今までの日焼け止めには出来なかった、日焼け対策と言うわけです。

 

飲む日焼け止めは安全性が高い

体内に摂取するものなので、心配なのはその「安全性」だと思います。
ニュートロックスサンは、植物由来成分のため非常に安全性が高く、長く飲み続けても問題はありません。
美容の先進国とも言えるヨーロッパや韓国などでは、すでに常識になっているサプリメントなのです。

 

まとめ

いかがでしたか?
従来の日焼け止めの欠点をなくし、改良されて作られたのが「飲む日焼け止めサプリメント」と言う事です。
塗る日焼け止めタイプに使いにくさを感じたり、敏感肌で思うように日焼け止めが使えない方にも、画期的なアイテムと言えるでしょう。
飲む日焼け止め対策に興味を持たれた方は、一度試してみてもいいかもしれませんね。

近い将来、飲む日焼け止めが、一般家庭で主流になる日も近いかもしれません。

 

エクラシャルム関連記事

・ホワイトヴェール飲む日焼け止めサプリの口コミ・効果まとめ

この記事のライター

Related article関連記事

人気コラム

人気商品

キーワード

twitter

facebook