海外セレブ達が次々とハマっている!「チアシード」ダイエットレシピ!

皆さんこんにちはヽ(´▽`)/

最近よく耳にする「チアシード」って御存知ですか?

日本でも最近メディア等で目にしたり耳にしたりしませんか?
そう!!!
あのミランダ・カーも大のお気に入りで夢中になっているというチアシード。
 
そして日本でもローラや道端アンジェリカ、藤原紀香など憧れのスタイルを維持していらっしゃるモデルや芸能人の方々が絶賛しています。
 
ミランダ・カーさんはスムージーにたっぷり入れて毎日飲んでいるそうですし、ローラさんはチアシードを入れたお水を仕事に持って行くそうですよ。
道端アンジェリカさんや藤原紀香さんはお料理にも積極的に使っているそうです!!
 
ミランダ
 
美しいボディをお持ちのみなさまがハマっていると聞くと、やっぱり気になっちゃいますよね(*゚▽゚*)
また、女性のみならず、この豊富な栄養素に注目して、積極的に取り入れている男性も最近非常に増えているのですよ♫

 
 

チアシードとは

 
では、「チアシード」とは一体何なのでしょうか?(*´・д・)?
 
チアシードというのは、「チア」という果実の種で、ミントの仲間なのです。
チアは、薄い青紫色の花を咲かせた後に種を付けます。
絹さややスナップエンドウのようにさやが育ち、その中に種を実らせるのです。
 
古代マヤ民族やアステカ民族の食糧とされており、貴重な栄養源として重宝されていました。
人間が生きていくために必要な栄養素が入っていると言われていて、奇跡の食材とも言われています。
 
降雨量が少ない南米が産地で、発祥はメキシコと言われていますが、最近はメキシコだけではなくコロンビアやエクアドル、ペルーなどでも栽培されているようです。
そのお陰で、最近では、ここ日本でも大変手に入りやすくなりましたヽ(*´∀`)ノアリガタイ♫
店頭販売しているお店も少しずつ増えてきています。
200gで1500円前後で買うことができます。
 
見た目はゴマよりも少し小さい1mm程度の大きさです。
 
チア
 
 
ゴマと同じく白と黒があり、白は「ホワイトチアシード」黒は「ブラックチアシード」と呼ばれています。
ホワイトチアシードの方が必須脂肪酸であるα-リノレン酸を多く含むそうです。
 
このチアシードは水分に浸すと、10倍~15倍にも膨らんで周りがゼリー状になります。

チア水
 
 
タピオカのようなぷるぷるもちもち感と種のつぶつぶ感が、なぜかやみつきになる不思議食感♪
初めてサラサラの状態から水分を含んだ状態への変化を見た方は「なんだこれ!?(゚0゚;ノ)ノ 」と驚かれると思います(笑)
そのくらい、ムクムクと小さな粒が膨らんでぷるぷるになるんです。

 
 

昔々、私がまだ小さかった頃、お風呂に入れると大きくなってブニョンブニョンになる恐竜を思い出しました(´・ω・`)懐かしい

 
 
お水やジュースなどに入れるとつぶつぶ感を楽しめます。
30分くらい入れておくとぷるぷる感が増してきて、
1時間くらい経つとぷるぷるもちもちになります♪

チアシード

また、夜のうちにヨーグルトに混ぜておくと、
翌朝ぷるぷるもちもちになっていて、食べごたえバツグンです♪
そこにお好みのフルーツやシリアルを入れるだけで、
お腹にもお肌にも栄養たっぷりな朝ごはんにもなりますよ!

この膨らみ方は私たちのお腹の中に入った後も同じです。
お腹に入ると、もこもこ膨らんでいくので、食事の1時間ほど前に飲んでおくと満腹感が得られて食事の量が自然に減ります。
だからダイエット中の方にもオススメなんです☆
食物繊維も豊富なので便秘解消にもお役立ち!!
体の中から綺麗になれます(´∀`人*)
 
 
チアシード自体には味や匂いは特にないので、
何にでも混ぜて摂取することができます。
 

 
スムージーやヨーグルト、パンに塗るジャムに混ぜたり、
サラダにトッピングするのもアリ!
ダイエット中にどうしても空腹感がおさまらず、
何か食べてしまいそうになったら、チアシード入りのお水をゆっくり飲むと
お腹が満たされてムダに食べてしまうことも減ります。
 
ちあれぴ

 
また、チアシードには驚くほど豊富に栄養分が含まれています。
私たちが普段の食事で摂取している栄養素では、体に足りていない栄養素や、食事からだけでは必要量を補えていない栄養素もあります。
そのような栄養素がこのチアシードには含まれているんです!

ダイエットの効果だけではなく、高血圧を抑制したり、コレステロール値を低下させたり、脳を活性化させてくれたり・・・etc
私も、美と健康のために役立つ、栄養素が豊富な「チアシード」 さらに気になってきましたー!

 

効果・効能

 

 
古代から、 奇跡の食材と言われているチアシードですが、一体どんなにすごい成分が含まれ、どんな効果があるのでしょうか。

【体の機能を正常化するオメガ3脂肪酸】

オメガ3脂肪酸とは、私たちの体内では作られない必須脂肪酸で、イワシやサンマなどの青魚に含まれています。
(オメガ3に含まれる栄養素)
・DPA(ドコサペンタエン酸)
血管に付着する脂質や悪玉コレステロールを抑制。
血液をサラサラにする効果があります。
 
・DHA(ドコサヘキサエン酸)
脳を活性化することから、脳の機能を維持する為に欠かせない栄養素。
脳の情報処理を円滑にする効果もあり、神経組織の発育も促す。
 
・EPA(エイコサペンタエン酸)
血液の流れを改善することから、粘度が低いサラサラの血を作り出すことができる。

 
では、オメガ3脂肪酸を摂取すると体にどんな変化が起きるのでしょうか?
調べてみたところ、こんな変化が起こるようです。
1 脳を活性化して記憶力をアップさせる
2 中性脂肪を減らす
3 コレステロール値を低下させる高血圧を予防する
4 高血圧を予防する
5 肌をみずみずしく保つ
6 老化の素になる活性酸素を除去

なんとっ!!!良いことがこんなにたくさん!!!
中性脂肪やコレステロール値、高血圧などは男性の方にも
気になってる人多いですよね!?
成人病の予防にも効果が期待されているのだとか!
 
 
【腸内環境を整える食物繊維】
食物繊維には、大きく分けて2つ。
•不溶性食物繊維
消化管内で水分を摂りこみ容積を増やすことで排便を促し、便秘解消効果。
•水溶性食物繊維
有害物質を体外へ排出させる効果。
 
チアシードにはこれら2種類の食物繊維が含まれているのです。
 
 
【髪や皮膚の維持に欠かせないタンパク質】
髪や皮膚や臓器を構成するタンパク質も含まれています。
ダイエットをする時に不足しがちなのが、このタンパク質です。

タンパク質が不足すると・・・。
•化粧ノリが悪くなる
•髪質が悪くなる
•爪が割れやすくなる
•生理が来なくなる
•筋肉が落ちて基礎代謝が悪くなる

など、特に女性にとっては大ピンチな状態になってしまいます!(><)
基礎代謝が落ちると冷え性が酷くなることもあります。

 
【女性に欠かせない鉄分】

チアシードには、鉄分も含まれています。
女性は特に、貧血に悩まされている方も多いのではないでしょうか?
ただ、食事で鉄分を十分に補給するのは難しいこと。
チアシードで手軽に食事では補いきれない鉄分を補給できたらうれしいですよね!
鉄分は体内に細菌が入り込んだ時に撃退する白血球の働きを高めて“殺菌する能力”があります。
例えば、風邪やインフルエンザなどを予防するためには、体内の免疫機能を高める必要があります。
その時にチアシードの鉄分が活躍するというわけです。
他にも、チアシードに含まれる鉄を摂ることで老化を進めてしまう活性酸素を抑制することもでき、肌や細胞の老化を予防する効果も期待できることがわかってきました。
女性なら、いつまでも若々しくいたいですよねヽ(´▽`)/
 
 
【心を落ち着かせるカルシウム】
カルシウムは、骨や歯を作り出すことに大切な栄養素だということは
多くの方が知っているとは思いますが、心の状態を安定させるためにも必要な栄養素です。

カルシウムが不足してイライラしている人いませんか?
カルシウム不足が情緒不安定をもたらします。
これは不足したカルシウムを補充するために骨を溶かすことで体に不具合が生じ、
精神状態が不安定になってしまうのです。

また、肩こりを予防する効果や筋肉をスムーズに動かす効果もあります。
 
 
【免疫力をアップさせる亜鉛】
ミネラルの一つである“亜鉛”
鶏肉や卵、ワカメ、納豆などから定期的に摂取する必要がありますが、
実はこの亜鉛、体内に蓄えておくことができません。
チアシードにはこの亜鉛も含まれています。
(亜鉛の主な効果)
1 育毛作用がある
2 免疫力をアップさせる
3 アルコールを分解する
4 抗酸化作用がある
5 新陳代謝が活性化する

尚、チアシードに含まれる亜鉛はミニトマト、小松菜、ケールなどに含まれる
ビタミンCと摂取すると吸収率が高くなるので、ミキサーでチアシードと混ぜて
特製野菜ジュースを作って摂取すると、より効率的に取り込むことができます。
 
 
【カリウム】
チアシードには、汗と同時に失われることが多いカリウムも豊富です。
カリウムは、塩分によって摂りこんだナトリウムの排泄を促して血圧を低下させる作用があります。
(カリウムの主な効果)
1 尿を促して尿酸値を低下させる
2 不要な塩分や老廃物を排泄
3 高血圧を予防
4 ストレスを緩和
5 肌荒れを予防
6 むくみを予防

カリウムは、昆布や大豆製品、さつまいも、カツオなどの食品にも含まれていますが、
料理中に失われやすいという弱点があります。
必要な量のカリウムを毎日の食事で摂りこんでいくことは、思った以上に大変なことです。
そこでチアシードを有効活用し、日々取り入れることで、
不足している分のカリウムも補給できるわけです。
 
 
【体を健康へ導くビタミンB】
ビタミンB群は8種類の栄養素をまとめて呼び、互いに結びつき合うことで効果を発揮します。
チアシードに含まれるビタミンB群を摂ることで、皮膚や脳などを健康に保つことができますが、体に蓄積しない栄養素なので定期的に摂取する必要があるそうです。

(ビタミンB群の主な効果)
1 血糖値を下げる
2 疲労回復効果がある
3 皮膚や粘膜を健康にする
4 成長を促進する

 
疲れが溜まってるな~と感じる方やお肌の調子が良くないと感じる方にも
効果が期待できそうですね!
 
 
【抗酸化作用があるセレニウム】
抗酸化作用やがん予防効果があるセレニウムが豊富に含まれています。
セレニウムは、美肌に欠かせないビタミンEと結びつき老化を遅らせる効果があります。
老化によって肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、
実年齢以上の肌年齢になり老けた印象を与えてしまいます(><)
美容液や顔パックなど外からのお手入れだけでは一時的な解決にしかなりません。
セレニウムを積極的に摂取して内側からもケアしましょう。
抗酸化作用によって免疫力も高まることが期待できますので、
日々の体調管理にも一役かってくれそうですね!

 

チアシードを使ったレシピ

 
お待たせしましたーヽ(´▽`)/
それではここで、チアシードをおいしく、より効果的に取り入れられるレシピをいくつかご紹介したいと思います。

≪バナナ・チア・ほうれん草スムージー≫
材料2人分 (1カップ=240ml)
アーモンドミルク 1カップ
(牛乳・ココナッツミルク・豆乳などでも可)
マンゴー     1/2カップ
バナナ      1本
ほうれん草    一握り
チアシード    大さじ1

《作り方》
すべての材料をブレンダーに入れて高速で2分回して出来上がりです。
冷蔵庫に4時間くらい置くとより一層おいしいですよ♫

見出し

  
≪ベリー&ココナッツチアシードプディング≫
材料3人分 (1カップ=240ml)
・ココナツミルク  270ml
・メープルシロップ お好みの量
・チアシード    1/3カップ

●トッピング
ラズベリー・ブラックベリー・スライスアーモンド
《作り方》
トッピング以外の材料を瓶などの容器に入れて、よく振って最低1時間、一晩冷蔵庫に入れます。
フルーツ、ナッツをトッピングして出来上がり。

チアシードが膨らむので、少し大きめの瓶を使うと便利ですよ♪
夜のうちにベースのココナッツミルクとチアシードを作って冷蔵庫へ入れておいて、朝、トッピングをして食べるのなんて最高に贅沢な気分になります♪

 
≪ストロベリーチアシードジャム≫
材料 (1カップ=240ml)
・イチゴ   2カップ 細かく切る
・水     1カップ
・チアシード 1/4カップ
・はちみつ  1/4カップ

 《作り方》
①鍋にすべての材料を入れ弱火で火にかけ、焦げないように混ぜ続け、沸騰し始めたら火を止めます。
ジャムほどではありませんがトロミがつきます。
②熱湯消毒済みのビンに入れ冷蔵庫で一晩寝かせます。冷やすとジャムくらいの固さになります。

ジャムのようにお砂糖を使っていないので、ダイエット中の方にも
かなりオススメのレシピです!
イチゴをキウイやブルーベリーに変えてもおいしいですよ♪
チアジャム
 
 
≪サルバチア(チアシード)の万能ダレ~≫
材料 1~2人分
・チアシード 大さじ1
・水     大さじ1
・醤油    大さじ2

《作り方》
材料を混ぜるだけで完成です。

1時間ほど置いておくとチアシードが水分を含んでトロッとします。
醤油がゼリー状になっているので、余分な醤油を使いすぎなくて便利です♪
高血圧など塩分が気になる方も色んなお料理に使えますよ!
プチプチの食感がgoodな噛みごたえ!
 
 
≪チアシードオランジーナ≫
材料
・オランジーナ 200cc
・チアシード 大さじ1~ (お好みで調整してください)
・カットフルーツ(好きなフルーツ) 適量

《作り方》
①まずチアシードを水で戻します。
大さじ1で200ccぐらいの水またはオランジーナでもどします
②あとはカットフルーツとチアシード、オランジーナを入れるだけです

暑い夏にもぴったり!
お手軽にチアシードが取り入れられます♪

 
≪チアシード入りサンマ缶サラダ♪ ≫
材料 (4人分)
・もやし 2袋
・サンマ缶(鯖缶でも可) 1缶
・チアシード 10g
・きゅうり 1本
・細ねぎ(わけぎでも可) 2本
・醤油 大さじ1

①きゅうりは千切りにして軽く塩(分量外)を振って塩揉みしておきます。
②もやしは耐熱ボウルに入れてレンジで1000w、5分。
(加熱時間はお使いのレンジやお好みで調整してください)
③加熱したもやしは氷水でサッと冷やして、しっかり水を切ります。
④上記の材料と残りの材料を全部入れて混ぜます。
※サンマ缶はタレも入れます。
⑤細ねぎは刻んで入れます。

◆すぐに食べてもおいしいですが、冷蔵庫で一晩置くとチアシードが膨らみ味が染み込んで美味しいですよ!
さんま缶、鯖缶どちらでも試してみましたが、さんま缶のほうがタレの味も合わさってご飯がススみます♫
 
 
≪チアシードドレッシング≫
材 料(5、6人分)
・チアシード 大さじ1
・水 大さじ5
・オリーブオイル 大さじ2
・酢 大さじ1
・レモン汁 小さじ1
・塩 小さじ1/3前後
・黒こしょう 適量

作り方は簡単♪
①水とチアシードを混ぜて1時間ほど放置しておきます。
②チアシードが水分を含んで膨らんだら、他の材料を混ぜるだけ!

サラダはもちろん、から揚げやハンバーグにかけて食べてもおいしいですよ♪

 
≪チアシード入りアイスティーゼリー≫
材料 (5〜6食分)
・お湯 600ml
・紅茶(アールグレーなど) 5〜6ティースプーン
・寒天 4g(2g×2袋)
・チアシード 大さじ2
・蜂蜜 大さじ2〜3
・飾り用のハーブ(ミントやレモンバームなど)

①あらかじめコップ1杯程度の水(分量外)にチアシードを入れ、冷蔵庫で2時間程ふやかしておきます
②チアシードがぷるぷるになったのを確認したら紅茶を作ります。いつもより少しだけ濃いめに!
③紅茶をボウルにいれて、蜂蜜を入れたら、続けて寒天も入れてよく混ぜたら少し粗熱をとります。
④紅茶の粗熱を取っている間に少しチアシードをザルなどにあげ軽く水気をきっておきます
⑤粗熱をとった紅茶を大きめのタッパーに移し、ザルにあげておいたチアシードを入れ、
全体に行き渡るようにスプーンでかき混ぜる。
⑥冷蔵庫に入れ、固まったら包丁でカットして盛りつければ出来上がり!

ハーブを飾ると、より涼しげで爽やかな見た目になります♪
寒天は温度が下がると固まり始めます。
粗熱を取ったらチアシードと混ぜて、
あとは冷蔵庫で冷やしておくようにしてくださいね☆
冷蔵庫で保管しておけば数日間食べられますので、
お子様のおやつなどにもオススメです♪

  

注意

 
チアシードを摂る際の注意点としては、ダイエットなどの目的であっても最初は少量ずつ取り入れるようにしてください。
また、小さなお子様には食物繊維が多すぎる可能性もありますので、与えすぎにはご注意ください。

何度も言うとおり、食物繊維がかなりの量含まれている奇跡の食材なのです。
普段便秘気味の方であっても、まずは少しずつ摂取して体調の変化を見るようにしましょう。
一度に食べ過ぎるとお腹が緩くなることがあります。
また、それに伴い体に必要な栄養分まで排出してしまうことがある場合がございます。
1日大さじ1の量を継続的に取るのが理想的と言われています。

チアシードに含まれる栄養素は他の食材に含まれる栄養素と一緒に摂ることでより、効果を発揮するものばかりです。
ダイエット中であっても、他の食事とバランス良く取り入れ、適度な運動をおこない効率よく脂肪を燃焼させるようにしましょう!

バランス良い食事を一緒に摂ることで、美肌効果もバツグンに上がります♪

 

まとめ

 
いかがでしたか(^O^)
少し長くなってしまいましたが、話題のチアシードについて今回、色々と語らせていただきましたが、やはり美しい女性の皆さんが絶賛しているだけあって、素晴らしいものなのです!
女性のみならず、男性芸能人や海外セレブにもチアシードの栄養素と独特の食感にハマって取り入れている人が多いみたいですよ。。
アンチエイジング効果も期待できる食材ですので、いつまでも若々しくハツラツと過ごしたい方にとっては、大注目の食材です。

最近では人気も出てきて、あちこちのお店で売っているのを見かけるようになりました。
毎日大さじ1摂取するだけでも、十分効果が期待できる食材ですので、コスパも良いのが魅力です。

しかも、色々な野菜や果物と合わせて摂ることができる点も、ダイエット中でも無理な我慢はせず、おいしく取り入れられるということで、人気が出た理由なのかな?とも思います。
色んなレシピを試している方が大勢いらっしゃるので、自宅でも様々なものに混ぜて、飽きずにおいしく続けていけそうですね。
ラスト
毎日の食事にチアシードを少しプラスして、健康的な体を手に入れましょう!!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す