短期間でくびれを作る方法

みなさんこんばんはヽ(´▽`)/
 
もうすぐ夏ですね!!
夏といえば、海!
海と言ったら水着!!!!ですよね!
外人
綺麗なくびれの準備は出来ていますか??
まだの方必見ですヽ(・∀・)ノ!
今日は短期間でくびれを作る方法をご紹介します!
 
ダイエットって、開始しても、すぐに結果は出ず、痩せてきたかなぁ?と感じるまでに2、3ヶ月ほどかかりますよね。
こんなにかかってしまうと、なかなか飽きてしまったりで、続ける事が難しくなってきますよね。
 
ウエストのくびれって、年齢を重ねるごとにどんどん無くなって来てしまいますよね...。
若い時には、お腹周り、腰になんてお肉があまり付くことなんてなかったのに。
 
しかし!ウエストのくびれって、とっても簡単に、しかも短期間で作ることが出来るのですよヽ(・∀・)ノ
 
クビレは男性にとって、と~っても魅力ですよねーヽ(*´∀`)ノ
この方法で、グラマラスなウエストを手に入れれば、男性からの視線も変わってくる事でしょう☆

くびれが出来だけでも、お腹の筋肉が引き締まって、全体的に痩せている様に見えます。

 

クビレがなくなる原因・要因

 
そもそも、なぜクビレがなくなってくるんでしょうか?
クビレがなくなってしまう原因を徹底的に追及していきましょうヽ(・∀・)ノ
 
まず、その原因の一つに大腰筋の衰えがあげられます。
大腰筋は普段あまり鍛えられる筋肉ではなく、腹筋や内蔵のさらに奥にある筋肉なのです。
 
大腰筋は背骨を引っ張って正しい姿勢にする為や太ももを上げる為にとても大切な筋肉なのです。
この大腰筋が衰えると、背骨が真っすぐに出来ずに猫背になってしまったり、お腹がぽっこりと出てしまうのです。
 
そしてもう一つ、大腰筋と共に衰えて行くのが腹筋で、腹筋までもが衰えてくると、身体全体の筋肉が衰えてしまうと言うとても怖い連鎖反応をおこしてしまうのです。
 
低下した筋肉に変わりに、それを補おうとして、脂肪が増えてきてしまうのですΣ(゚д゚lll)
筋肉が落ちる事で基礎代謝が低下して、ますます脂肪が体内に蓄えられていってしまうのです!!
基礎代謝が悪くなるとリンパの流れが悪くなってしまうので、むくみが発生し、サイズがどんどんアップしてしまいます。
20130130145750
また、長い時間無理な姿勢をとっていると、骨盤がゆがんでくるなどお、くびれが消えてしまう原因の一つです。
 
女性は特に、子宮や卵巣などを、外からの衝撃や寒さから守ろうとして、お腹の周りに皮下脂肪がつきやすくできています。
皮下脂肪は分解されにくく1度ついてしまうと中々落とす事が出来ませんので、出来るだけ皮下脂肪がつかない様に日頃から防止する事が大切です。

 

クビレを作る方法

 
「ウエストをくびれさせたいけど出来れば運動はしたくない。」
「エステサロンはお金がかかるのでなるべく行きたくない。」
と、ワガママなあなた♫
簡単なマッサージ方法をお教え致しますヽ(・∀・)ノ
 
【ウエストリンパマッサージ】
1、両手を肩幅に開いて立ちます。
2、両手で背中から腰を通っておへそに向かってスライドします。
3、次に両手で腰の下お尻の上辺りからおへそに向かってもみながらスライドさせます。
(2・3を数回繰り返します。)
4、↑で集めた老廃物を両手でおへその横からそれぞれの脚の付け根まで一気に流します。
(数回繰り返します。)

老廃物が流れる事で、すっきりとしたウエストラインが出来てきます。
ぜひ試してみてくださいね。
 
【ストレッチ方法】
(椅子に座りながら)
1、椅子に座ります。
2、両手を真っすぐに伸ばして両手を重ねます。
3、片方の手のひらを片方の手の甲に合わせます。
4、その姿勢をキープしてゆっくりと息を吐きながら左右に倒していきます。

※なるべく真横に倒す様に意識して下さい。
HiRes-320x218
(立って行う)
1、肩幅に脚を開き両手横に広げましょう
2、そのまま左右体をひねります。

 
(床に座って)
1、床にひざを伸ばして座り、両手はお尻よりも少し後ろに置きます。
2、そのまま片方のひざを曲げ、反対のももの外側へ足をおきます。
3、曲げた方の脚を、反対の脚の方へと倒していきます。

stretch2
※腰周りの筋肉が伸びているのを意識してください。
骨盤がゆがんでいると左右どちらかの腰の部分に痛みが出ることがあります。
この時には無理に伸ばそうとはしないで下さい。身体の基礎となる骨盤はゆがんでいると、効果が出にくいことがあります。
 
空き時間や仕事の合間、自宅での何かをしながらで出来るので、テレビを見ながらなど、気付いたときにやるようにしましょう♫

 

注意

リンパマッサージを行う上で、注意していただきたいことがいくつかあります。
・食後30分以内はやらないで下さい。
・触った時にリンパが晴れている時。
・少しでも熱がある時。
・肌に炎症などがある時。
・心臓や肝臓に問題がある方。
・妊娠中の方。
・生理中の時。
・極端に疲れている時。

 

まとめ

 
140114himebody_kubire
いかがでしょうかヽ(・∀・)ノ
短期間でくびれを作るのは、意外と簡単なことなのですが、サイズダウンにも限界というものがあります。
毎日の積み重ねと、継続する事を習慣化して、さらにクビレをきれいにしていきましょう。
また、姿勢を変えるだけで、下腹部のポッコリもなくすことができます。
姿勢が悪いせいで、綺麗に出来たくびれも元に戻ってしまうことがありますので、普段の姿勢も気を使いましょう!
イメージ的には骨盤の上に上半身をのせている感じです。
↑っと叶姉妹が言っていました(*´∀`*)笑
 
夏まであともう少し!
まだまだ間に合いますよヽ(・∀・)ノ
一緒にクビレエクササイズ今日から始めましょう♫

SNSでもご購読できます。