いちご鼻の原因とは?綺麗な鼻を手に入れる方法?!

 
いちご鼻ってなんだか名前はかわいく聞こえますよね
でも、女性にとっては全然かわいくないものなのです。
今日はそんな「いちご鼻」についてのご紹介です。

いちご鼻とは?

いちご鼻は酸化したほこり、老廃物、古い角質、皮脂などが毛穴にたまった状態の事を言います。
鼻の表面に黒いぶつぶつができてしまい、毛穴が広がってしまいます。
その原因の特徴として対照的になる人は皮脂の多い方、乾燥肌の方、十分な洗顔が出来ていない方です。
また女性は特に化粧をしてしまうため、毛穴を塞いでしまうので黒ずみができ易くなってしまうのです。


 
・あなたはいちご鼻になっていませんか?

実は軽度のいちご鼻はファンデーションで簡単に隠せてしまうので隠れいちご鼻の方も多いのです。
肌は年齢と共に衰えるもので毛穴も一緒に衰えていきます。
うまく隠していても家に帰って洗顔をし、鏡を見てがっかりなんて人も少なくないと思います。
もともと黒ずみは毛穴に皮脂や古い角質が詰まる事で出来てしまいます。
ファンデーションはシミやしわなども隠してくれる万能アイテムですが、逆を返せば黒ずみを作る原因の一つになります。
よく売られている毛穴パックでケアしようとする人も多いのですが、刺激が強すぎるので逆に悪化したり傷ができてしまう事があります。
なので毎日行うのは避けましょう。

では一体どのようにすれば解消されるのでしょうか?

 

いちご鼻は治療が必要?

いちご鼻は日々の生活習慣や正しいスキンケアで改善する事が出来ます。
ですが努力だけでは改善できない重度のいちご鼻になってしまった場合は、皮膚科や美容外科に行く必要があります。
医師との相談や症状にもよりますが簡単な手術で改善させる事ができます。

最も多い例は、ニキビの跡や小じわなどを消すフラクショナルレーザーでの治療で、肌の代謝を促進させる特殊なものです。
しかしフラクショナルレーザーは肌にかかる負担も大きいので注意が必要です。
レーザーを使う手術は皮膚に小さな穴を開け、その穴を修復しようとする人間の治癒力を利用するものです。
なので肌に負担をかける分、再生を待つのに約一カ月間かかります。

手術でなんとかなるんだと軽々しい気持ちで行わないようにしましょう。
努力しても改善しなくて困っている時はきちんと皮膚科や美容外科で医師と納得するまで相談し、施術を受けるか決めるようにしましょう。
取り返しのつかないトラブルになる事もあるのでじっくりと丁寧に考える事が重要です。

 

自宅で出来る簡単ケア

自宅できちんとしたケアをしておけば、いちご鼻の予防が出来ます。
いちご鼻の原因は毛穴トラブルから起こるわけですから洗顔に対する意識を変える事でかなりの予防ができます。
洗顔で予防できるポイントを6つご紹介します。

・洗顔の重要なポイント

1洗顔前に蒸しタオルなどでしっかり毛穴を開きましょう。
蒸しタオルは、タオルを水でぬらし袋に入れ電子レンジで約1分温めれば簡単にできます。
お肌を温める事で毛穴が開くので、その状態のまま洗顔をすれば汚れを落とすのに効果的です。
お風呂で洗顔を行う方は湯船のお湯よりも少し熱めのお湯を使って蒸しタオルを作りましょう。

 
2洗顔料はよく泡立てましょう。
洗顔料はしっかり泡立つものを選び、洗顔用のネットでよく泡立ててから使いましょう。
泡がないと指の摩擦で肌が傷ついてしまい、そこから肌トラブルになり皮脂が残ってしまいます。

 
3泡で洗う時に力はあまり入れないようにしましょう。
指の先で軽くクルクルとするだけで十分毛穴の中は綺麗になります。
無駄な力を入れずに丁寧に優しくお肌を労わるように洗いましょう。

4すすぎはしっかり行いましょう。
洗顔にかけた時間の3倍程度はすすぎに時間をかけましょう。
もちろん、ごしごしと強い力はかけずに手ですくった水を顔に軽くパシャパシャとかけるイメージで行って下さい。
すすぎ残しのないようにしっかり流す事が重要です。

 
5洗顔後の化粧水は忘れずに。
綺麗にした後はしっかり保湿をしてあげる事もいちご鼻予防のポイントになります。
洗顔後のケアでまず補充するものは水分です。
肌は水分を失ってしまうと乾燥肌になってしまいます。
そうすると皮脂が溜まりやすくなっていくだけでなく、シワを作る原因になります。
化粧水できちんと肌を潤してあげて下さい。

 
6肌に水分を与えたらフタをしましょう。
肌に水分を与えるだけで終わってしまってはすぐに乾いて行ってしまうだけで効果はぐっと薄くなります。
乳液やクリームなどでフタをする事で水分を逃がしやすくして肌に浸透させる意識をしましょう。
その際にセラミドという成分が入っているものを意識する事がおすすめです。
セラミドは肌の保湿にとても向いている成分なのでフタをする役目をきちんとこなしてくれます。

肌をケアする基本的な流れはご理解いただけましたか?
ケアをしていても実は、生活習慣が乱れていては効果は現れません。
いちご鼻は睡眠時間や食生活にも関係があるのです。

睡眠時間が十分にないと肌のターンオーバーがされないため肌が荒れてしまいます。
夜の10時から深夜の2時に新陳代謝が活発になるので早めに睡眠をとるのを心がけましょう。

食生活では揚げ物をたくさん食べた次の日はなんか肌がべたっとしてるような経験した事はありませんか?
食べ物の脂分を過剰に摂取すると肌の皮脂が大量に分泌されてしまい肌呼吸ができなくなってしまいます。
お勧めな食事は体を温めるもの。
体を温めると肌の循環もよくなり、リラックス効果も得られます。
また体内の温度を上げてくれるのでカロリーも消費しやすい体にしてくれます。

体を温める代表的な物といえば生姜やネギ、トウガラシなどがあります。
日頃から体を温める食べ物を意識しましょう。

 

いちご鼻予防の裏技?!

いちご鼻予防策について色々とまとめて来ましたが、実は少し変わったアイテムを使った効果がある裏技をご紹介します。

・ニベア
ニベアを鼻に塗ってラップでカバーをするニベアパックが効果があります。
ニベアパックをしたまま湯船につかるか運動をして発汗してからパックをはがして洗顔するだけです。
ただ、この方法は毛穴の黒ずみをとるだけで根本的なケアになるわけではないので、この方法だけに頼るのはやめましょう。

・オロナイン
オロナインを多めに塗って10分程度おき、蒸しタオルなどで温めてから洗顔ケアするという流れです。
オロナインは毛穴を開く効果があります。
なので、その後の洗顔やケアはきちんと行いましょう。

・オリーブオイル
オリーブオイルを使って鼻マッサージをするのも効果があります。
手のひらで温めたオリーブオイルで丁寧に優しくマッサージして洗い流すだけ。
オリーブオイルは普通にスーパーで売られているものでよいのでお手軽な方法ですね。

・重層
重層はもともと細かい粒子の汚れを落とすと言われています。
その粒子は洗顔料に含まれるスクラブよりも細かいと言われていて、肌に少ない負担で皮脂汚れを落とすという事ですね。
使用法としては普段使っている洗顔料に小さじ1杯程度を足すだけ。
非常に簡単なのですが、泡だけで洗顔する際よりも肌を傷つけやすいので普段よりも力を入れないように洗顔しましょう。

・ファンデーションがわりにベビーパウダー
ベビーパウダーを重層のように使う方法がネットで一時話題になったようですが、これは実は効果がないのだとか・・・。
ですが、ベビーパウダーをファンデーションのかわりに使用すると肌に負担が少なくなります。
使い方は簡単で、下地やコンシーラをつけた肌に軽くはたくだけ。
はたく際はつけすぎに注意しましょう。
顔が真っ白になってしまう事もあるので、ファンデーションのパフなどを使うのがポイントです。

※紹介した裏技には効果に差がある場合があります。
自分の肌に合わないと感じたらすぐに中止しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いちご鼻の人はそのままにすると悪くなる一方なので改善していきましょう。
いつまでも綺麗な自分でいるために、きちんとした努力していきたいですね(^^)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す