気になる彼に急にデートに誘われた!!緊急な時の為に超究極ダイエット!1日で1~3キロ痩せる禁断方法!!

 
みなさんこんにちはヽ(´▽`)/
 
「気になるあの人に突然デートに誘われてしまった(*゚▽゚*)」
「友達の結婚式で着ようと思っていたドレスがちょっときつい(´・ω・`)」
「もうすぐ健康診断・・・。」

などなど、緊急にダイエットをしなくてはならない時ってありますよね。
普段からダイエットは意識しているとはいえ、女子たるもの、すぐに痩せなきゃいけない時があるのです!!

1日で2、3キロ落とせる方法があったら、夢のようですよねヽ(*´∀`)ノ!!
「そんなうまい話があるわけない」
「そんなこと出来たら、世の中誰も太っていない!!」
って思いますよね!
 
それがあるのですヽ(*´∀`)ノ♫
今日は、1日で1~3キロ体重を落とす方法をご紹介いたします。

original



【目次】
✿はじめに
✿緊急ダイエットのしくみ
✿1日に1~3キロ体重を落とす方法
  ・走る
  ・縄跳び
  ・泳ぐ
  ・お風呂
  ・サウナ
  ・薬を飲む
✿まとめ


はじめに

初めに言っておきます!!
これは本来、おススメ出来ない禁断のダイエットです!

1日に3キロも体重を落とすなんて、危険なことですし、確実にリバウンドしますm(_ _)m
女性が求めるダイエットとは、脂肪を燃焼し、体の中の老廃物を排出、健康を保ちつつ、美しさを手に入れる事が出来るものです。
一日で体重を落とすことは、意外と簡単にできるのですが、「痩せた!」とは言えません。

 

緊急ダイエットのしくみ

1日に3キロ落とすことは、意外と簡単なことなんです(*゚▽゚*)

体内から一番排出しやすい成分、それは”水分”です。
体内で水分が占める割合は60~70%で、体の大半が水で出来ているのです。
これを排出すれば確実に体重は減ります。

体内の水分量は、一日の中でも大きく変動していています。
たとえば、息をするだけで「1時間で50g」ほど水分を排出しています。
運動をしなくても、呼吸をするだけで「1日に1㎏以上」失われる計算になるのです。

はいヽ(*´∀`)ノ
ここでもう1キロマイナスですね!

更にたーっくさん汗をかけば、その分体重を落とすことが出来ます。

それから排出しやすい体内の「重り」と言えば、腸内に残っているアレですね。
(多くの女性が抱えている、お通じの悩みです。)

緊急ダイエットでは、脂肪以外で排出しやすい物を体内から減らすことで、体重を落とします!!!
 

1日に1~3キロ体重を落とす方法

【汗をかく】
〇走る
〇縄跳び
〇泳ぐ
〇お風呂に長時間入る
〇サウナ

汗をかいて体重を落とす!という事が今回のポイントです。
しかし、なかなか汗が出ない体質の方も多いと思いますので、自分の体質に合った、発汗を促す方法をお試し下さい。

運動をして汗を出す場合、「運動前に塩分の含まれた飲み物を摂取」しておくのもおススメです。
塩分が発汗の手助けをしてくれます。
しかし、糖分の多いものや、飲みすぎはダイエット目的から遠ざかりますので、ご注意下さい。
また、急に運動をしても体に負荷がかかります。
汗をかくためにも運動の前にストレッチや筋肉トレーニングを組み合わせてみるのもオススメです。

【薬を飲む】
〇下剤を飲む
〇利尿剤を飲む

この二つの方法はすごく手っ取り早い方法ですが、やはり薬なので、副作用などの危険がたくさん伴ってきます。
そのことを忘れないようにしてください。

では、それぞれの方法について詳しくお話していきましょうヽ(´▽`)/

走る

ランニングは脂肪を燃焼するためにも、お馴染みのダイエット法ですが、一回ではそれほど脂肪は減りません。
しかし、全身運動で長時間行うことが出来るため、汗をかく目的でもランニングは効果的です。
スピードは速すぎず、長い時間汗が出る状態をキープ出来るようにしましょう。
腕をしっかりと引いて、肩甲骨を意識しながら走ると無理のないきれいなフォームで走れます。
サウナスーツを着るなど、発汗効果を意識して走りましょう。

lululemon20athletica

 

縄跳び

走るだけの広さがない場合には、縄跳びがおススメです。
ロープがなければ、エア縄跳びでも効果的です。
周りにものがなければ、おウチの中でもできますし、テレビを見ながらもできます。
全身運動なので、とても汗かけますよヽ(´▽`)/
 
狭い部屋でやっていると、息苦しくなって、酸欠になってしまいますので、少し窓を明けて行ってくださいね(´・ω・`)

stk70033cor

 

泳ぐ

水泳は、数ある運動の中でも運動量はとっても抜群です。
水泳ダイエットが消費カロリー第一位なんですよヽ(´▽`)/

長時間走ることが苦手な人は水の中を歩くだけでも良い運動になりますし、浮力の為に膝や腰への負荷も低く、無理なく体を動かせます。

体が冷えすぎないように、休憩時間は体を温めながら行いましょう。
水泳後はとってもお腹が空くので注意です。
目的の為に食事には気を付けましょう!
 
可能な人は、クロールや平泳ぎで泳ぐとジョギングよりも消費率は高いですよ!

pool-relax

 

お風呂に長時間入る

運動するのはちょっと苦手、そんな方にはお風呂がおススメです。
お風呂に長く入ってたくさん汗をかきましょう。

お好きなリラックス方法があると思いますので、お好みの入り方で時間の許す限りお風呂に入れると効果的です。

《半身浴》
効果的に汗をかくことが出来ます。
最初は全身入って汗が出てきたら半身浴にすると、汗が良く出ますので試してみてください。

3分入ったら5分休憩!
このパターンを繰り返すと消費率が上がります。

なかなか汗の出ない体質の方も多いと思います。
その場合には上記の塩水を飲む方法の他に、次のような方法もあるのでお試し下さい。

・酢を飲む。
・お風呂にコップ1杯の日本酒を入れる。
・お風呂で傘をさす。

お風呂で傘をさすなんてびっくりですが、サウナのようになるので、人気のある入浴法なんですよ。

1403233top

お風呂専用のちょっと変わったサウナスーツも市販されています。

気になった方はこちらを見てみてください。

  

サウナ

汗をかくならサウナ!
のイメージは強いですよね。
簡単に汗が出てくるので、楽に体重を落とせます。

高温のサウナが苦手な方には、岩盤浴や、スチームサウナなどの低温なものもありますので、試してみてください。

サウナに入る際には、まず必要な水分を補給して、体を洗ってから入ります。
体が汚れたままだと汗腺がふさがって、発汗効果が下がります。
また、タオルで水分を拭きとってから入ると十分な効果を得やすくなります。

サウナの時間は「10分前後が最適」と言われています。
慣れていない場合は短めにしましょう。 

サウナから出たらぬるめのシャワーで汗を流します。
(熱くなってる体に熱いシャワーは負担が大きいですので、ぬるめがおススメです。)

水風呂と交互に入ると効果的ですが、体調に合わせて徐々に体を慣らせてからにしましょう。

繰り返し入る場合には十分な休憩を挟んで下さいね。

20090513-13-king&i

自宅でもサウナと同じ効果が欲しい方はこちら

  

薬を飲む

運動も、汗をかくのも苦手な人は、もうこの手しかないのではないでしょうか。

ここに出てくるお薬は、二種類!
下剤・利尿剤です。
 
《下剤》
便秘の方はご存知だと思いますが・・・
そうです!
「ピンクの小粒ちゃん(その他にも種類色々)」などの便秘薬が下剤の一種ですね。

飲むとお腹が痛くなり、便意を感じます。
大体の方が便がゆるくなるでしょう。
1日に何度も何度もお腹が痛くなり、トイレに駆け込むことになるでしょう。
飲むだけでどばぁーっと便が出るので、一気に体重が減ります。

しかし、無理やり便を出してしまうので、腸にいる良い菌(善玉菌)まで出してしまうので、更に便秘になってしまうのです!

《利尿剤》
利尿剤は、その名の通り、「おしっこ」を出す薬です。
むくみがすごくひどい方などが、体内の水分を外に出すために利用するものです。

飲むと1~2時間後に一気に尿意を感じます!
一気に大量の尿が出ます。
そしてトイレから出ても、またすぐに膀胱がパンパンになりますので、何度もトイレに駆け込むことになるでしょう。

その日はもはや家から出られないと思います。

c5c24c95eaa48c39c2a84ebcce412c3d9f9ea870_w=666_hs=e01be8141776abdf4f559ec5163f017d

これらの薬は、一度で体重が落ちるので、毎日常用してしまう方がおられます。
しかし、そんなことをしてしまうと体が麻痺してしまうので、少ない量では効かなくなってしまうのです。
どんどん下剤の量を増やしてしまい、手放せなくなってしまいます。

そうなってしまうと、取り返しのつかないことになってしまうので、薬はなるべく飲まないのがいいでしょう。
「くすり」「りすく」という言葉があるように、どんな薬にも、副作用があります。
用法・容量を必ず守り、体を痛めてしまう様な危険な飲み方は絶対にしないでください!

 

注意

・リバウンドします。
・痩せたことにはなりません。
・体内から出した水分と同じ量の水分を飲んでしまったら、体重は減りません。
・1日に3キロも落とすのは、体に負担がかかります。
・薬は絶対に常用しないでください!

  

まとめ

いかがでしたか?

運動やお風呂など、ダイエット方法としては一般的なやり方ですが、今回のものは本来の脂肪を落とすダイエットとは目的が違っています。

汗をかくだけで1日3キロ痩せるのは可能ですが、今回はただの水が出ただけですので痩せたとは言えませんが、一時的に見た目は多少細くなります。
汗をかいた後は水分補給の量に注意して、くれぐれもご無理のないようにしましょう。

そして、緊急ダイエットはあくまで緊急時のみ!
色々なダイエット方法がありますので、自分に合うダイエット方法をお試し下さいね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す