ホホアゲリフトアッパー口コミ・体験談と効果検証まとめ

ホホアゲリフトアッパー口コミ・体験談体験レポ

老け顔の悩みの気になる頬をグイッと持ち上げて見た目10年前の若顔にしてくれるシートが、「ホホアゲリフトアッパー」です。

頬のお肉は支えてあげれば、しっかり持ち上がるようです。
この二枚組のシートをなんとかしたい頬肉に貼って、毎日のストレッチケアをするだけで頬にアプローチできるそうです!
1日たったの15分(目安)のセルフケアで、グイッと頬の引き上げストレッチ!
頬の筋肉を上から直接ストレッチできて、高伸縮の伸びるゲル素材のシートが頬に、しっかり張り付き頬を支えて持ち上げてくれるそうです。
薄型シートですが引き上げ効果にストレッチ効果は、しっかりあるのでとても使いやすい商品のうようです。
材質としては、スチレン系エラストマーで製造国は、安心安全の日本となっているのも嬉しい商品ですね。

 
■本当に頬にシートを貼るだけで小顔効果は、得られるのでしょうか?
早速、レポしていきたいと思います!!


\こちらが「ホホアゲリフトアッパー」になります^^☆/

二枚組のシートになっています。
この商品は、表裏は
決まってないので
洗顔後のお化粧を落とした
素肌の状態でこのシートを
使うそうです。
化粧水や乳液、クリームが
ついていない状態で
使うそうですよ。

片手でシートを
押さえながら
もう片方の手で耳穴部分を
軽く引っ張って
耳にかけるだけです。
シートが貼れたら
15分を目安にその状態を
キープしそのあとは
ゆっくり剥がすそうです。

ジェル1つで、整形級の美肌、肌修復、小顔になれると女優やセレブたちの間でも大ブームとなっているジェル
「アルジュエル」←コチラ

短期間で肌トラブルが改善できる今話題の炭酸パック
「キューズパック スパークリングリッチ」←コチラ

★使ってみた感想

自宅で、ほおのセルフケアができる嬉しい商品です。
ホホて、なかなか自宅ではケアをできないし、この商品は、直接的にホホにアプローチしてくれるので、かなり効果的ですよ!
たるみがちなホホを、このシートは、グイッと持ち上げて引き上げてくれます。
使い方も耳に引っ掛けて使うだけで、とても簡単なので楽ですよ!
最初は、慣れるまでに、うまく貼れなかったりコツがいるかもしれませんが、なれると本当に簡単に使うことができます。
私は、毎日お風呂あがりにこれをすぐつけるようにしています。
シートは、わりとしっかりホホにくっついてくれるので、つけた時には手で引っ張ってるような
感じのするシートです。
伸縮性もすごく強いです。
これをはがしたあとは、やはりホホがグイッと引き締まって、あがっている感じがします。
自分ではあまり気づきは少ないですが、久しぶりに会った友人からは
顔が小さくなった?痩せた?
とか言われるので、やはり効果はあるようです。
アンチエイジングにはぴったりですね!
これからも使い続けますよ!

【販売価格】¥1,598円(税込)で購入出来ます!!

※詳しくは公式サイトをご参照下さい。

公式サイトへ

ネットでの口コミ

40代女性

これ以上のたるみは避けたい!
ホホのケアって簡単そうで本当に難しくて、悩みでした。
このシートは、繰り返し使えるところと伸縮性がとてもあるので、使いやすいところが気に入っています。
少しずつですが、たるみも改善されてホホがキュッとあがったように感じるので、これからも使って効果を楽しみに待ちます。

30代女性

耳にかけて使うシート!
結構、引き上げてくれますよ!
これを使ったあとは、ほっぺがかなりあがります。
ほうれい線も目立たなくなりました。

30代女性

伸縮性がすごい!
薄型なので、肌への密着力もあります。
1日15分でセルフケアができるのも、私はかなり気に入っています。
そして、これを使うと思っていた以上にホホが上に引っ張られます。
最近、小顔だよね!と言われることも多いので、もしかしたらこのシートの効果?
かなって思っています。
全体的に、ホホが引き締まって、あがったようです!
ネットでのQ&A
ホホアゲリフトアッパーの商品の使用上の注意点を教えて下さい。
ホホアゲリフトアッパーの商品の注意点は下記のようになります。
ご確認をよろしくお願い致します。
商品本来の目的以外に使用しないで下さい。
お肌に合わないときは使用をおやめ下さい。
使用中に赤み・かぶれ・刺激などの異常があらわれた場合は、
直ちに使用を中止し皮膚科専門医などにご相談下さい。
お肌に傷や湿疹などの異常があるときは使用しないで下さい。
乳幼児の手の届かないところに保管して下さい。
材質の特性上、紙(印刷物)の上に置く、
または下に敷きますと紙がにじんだり、
本品表面にインクが転写する場合がございますので、十分ご注意下さい。
過度に引っ張りすぎるとシートが避ける恐れがありますので、ご注意下さい。

公式サイトへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す