自宅で簡単ヒョウ柄ネイル☆小ワザテクニックでワンランク上の上質セルフネイルご紹介♡

ちょっとしたテクニックを知るだけで、まるでプロ級の可愛い上質ネイルが自宅で簡単に出来ちゃいます★
簡単に出来るネイルアート一覧
簡単ヒョウ柄ネイル

準備するもの

マニキュア3色(またはカラージェル3色)
アート用の細筆(またはドット棒)
アート用の細筆やドット棒が無い場合、つまようじでも代用することが出来ます!

images
ヒョウ柄は
ベースの色・柄の色・縁取りの色の3色で作ります。
基本の囲みとなる線は濃いものがおすすめです。

★ ★ 作り方 ★ ★

まずはベースの色を決めましょう。

ヒョウ柄の中となる柄を出来るだけランダムに描いていきます。
(ジェルを使う場合はこまめに硬化してください。)

大きさや形を出来るだけバラバラにするほうがより自然なヒョウ柄を作ることが出来ます。
マニキュアについてる刷毛では難しいので、一旦アルミホイルなどに取り出してからドット棒や細筆で書いていきましょう。

先ほど描いた薄い柄の周りを、濃いカラーで囲みます。

線の細さもバラバラになるように描くとより自然になり、
「く」の字で囲むようなイメージで描くときれいなヒョウ柄になります。

今では100均でもヒョウ柄のシールが売っているので、シールを使うのも1つの手ですね
▼ ▼ ▼

プロ級ネイルウォーターマーブル

準備するもの

お好きなマニキュア(好きなだけ)
割り箸(竹串やつまようじでもOK)
綿棒
除光液(またはドット棒)
容器(紙コップだと捨てるとき楽です)

あれば、マスキングテープ
マスキングテープがあれば、爪の周りを囲うようにマスキングテープを貼っておくと最後の仕上がりのときに楽です。
なくても除光液を使ってマニキュアを落とせるので大丈夫です。

★ ★ 作り方 ★ ★

容器に水を入れて好きな色合いのマニキュアを一滴二滴と垂らしていきまます。

水の中でキレイな輪っかが出来たら、それを割り箸のような棒で好きな形に引き寄せます。
(ハートなどを作っても可愛いです。)

好きなマーブルの模様をしてる水の中に、爪側を下にして入れます。

爪からはみ出たアート部分は除光液と綿棒などで綺麗に拭き取って下さい。

説明ではよくわからなかった方のために動画での解説もございますので
参考にしてください

▼ ▼ ▼

写すだけの簡単プリント柄ネイル

可愛い英字文字の新聞紙や画像をデコレーションしちゃいましょう。

準備するもの

お好きなマニキュア
消毒用アルコール
細かく切った新聞紙(写したいもの)

★ ★ 作り方 ★ ★

まずはベースの色を決めます。
(写すものによって模様や文字が見やすいものが好ましい。)

ベースに塗ったマニキュアがしっかり乾いたら、爪をアルコールに浸します。

カットした新聞紙を爪に15~30秒くらいしっかり押し当てます。
(文字は新聞紙が完全に濡れたほうが転写しやすいです。)

丁寧に新聞紙を剥がし、はみ出たプリントは綿棒で落として完成です。

説明ではよくわからなかった方のために動画での解説もございますので
参考にしてください

▼ ▼ ▼

 
自分だけの可愛いプリント探して試してみてね

編み状ネットで作る簡単模様ネイル

みかんに使われるネットなどを使って簡単に編み模様を作ることが出来ます。

準備するもの

お好きなマニキュア・ラメなど
ネット(みかんなどの)
スポンジ

★ ★ 作り方 ★ ★

お好きなマニキュアで爪にベースを塗ります。

ネットを爪に被せて、スポンジにラメをとりぽんぽんと押し当てます。
(マニキュアをスポンジにとって押し当ててもOK)

ネットをゆっくり外せば綺麗に編み上の模様が出来て完成です。

ネットを使わずスポンジにマニキュアをとって押し当てても
キレイなマーブルやグラデーションが出来るのでおすすめです♪


 
 

どのネイルアートもしっかり乾いたら、
最後はトップコートを塗って仕上げてね

この記事を見た人にオススメの商品記事

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Avery より:

    Remarkable write-up! I extremely love your work!

    dftge454sws.com

コメントを残す