フェリシモのヨガブラは授乳中でも使用することはできるの?

女性の人生の中で、大きく変わっていく出来事の1つと言えば、妊娠・出産が思い浮かぶ方が多いでしょう。そして、子供が出来たという嬉しい気持ちと一緒にやってくる、今までの自分の体と違う変化に戸惑ったり悩んだりしますよね。お洋服や下着も、変わっていく体型や体の調子に合わせて変えていくと思います。

今、人気のノンワイヤーブラ「ヨガブラ」はそんな妊娠・出産時にも着用しても良いのだろうか、実際着用することでメリットはあるのだろうかなどと疑問を抱かれるママ達のために今回ヨガブラについてお話したいと思います。

授乳中も産後ケアとして着用できる!

images
出産後、ブラジャーを授乳用のブラにして使用する人もいますが、最近では授乳用のブラでなくノンワイヤーブラにする人が増えてきていると言われています。その理由の1つには、ノンワイヤーブラも授乳用のブラと変わりない使い心地で使うことが出来るからというのもあるようです。

そもそも、何故妊娠・出産を期にバストが変わっていくのでしょうか。妊娠すると女性ホルモンの分泌が増加し、出産後の授乳に備えて乳腺が発達していきます。そのことにより、急激にバストが大きくなっていきます。妊娠前には、貧乳で悩んでいた方でも、個人差はありますが大きくなったとしても約3倍の重さにもなると言われています。バストサイズが最大になるのは、出産後から授乳が始まりその子どもが断乳するまでの期間ですが、断乳すると約1年ほどの期間をかけて妊娠前のバストの大きさに戻っていきます。このように、短期間の間にバストサイズが急激に変わっていくので、バスト周辺への皮膚の負担は大きいと言えるでしょう。そして、授乳を終えたバストは以前よりも形が悪くなる方が多いです。

なので、この授乳中・産後ケアをきちんとケアするのとしないとでは、断乳後バストの形などが大きく変わってきます。このとき、ジャストサイズのブラジャーを選ぶことが大きなポイントにもなりますが、ヨガブラの場合単なるノンワイヤーブラというわけでなくサイズも豊富なので、本当に自分の体にあったサイズを選ぶことが出来ます。このことが、授乳中でも使用出来るポイントの1つとなっていると言えるでしょう。

妊娠中も着用可能?

images
妊娠中もヨガブラを着用することは可能です。上記でもお伝えしたように、妊娠中というのはバストが変わりやすい時期でもあります。なので、あまり締め付け感ないものがいいことを考えると、ノンワイヤーブラは妊娠中から使用出来て、変わりゆくバストや授乳に適応していけるので安心して使えますね。

普通のブラジャーは、バストを垂れさせないようにしっかりと支えて、形を整えるためのものなので、妊娠後も使用することはお勧め出来ません。

妊娠中・授乳中にヨガブラを使った人の口コミ

評価:
20代前半 妊娠中
サイズ:Cカップ(トップ86cm/アンダー71cm)
初めての妊娠のとき、お姉ちゃんからヨガブラ着けてた方が良いよと勧められ使用しました。初めてだったので、何でヨガブラが良いのだろうと疑問には思ってましたが、同年代で出産した子でもバストが垂れてとても嫌だという話を後から聞き、出産後もバストの形などがそんなに気にならなかったことを考えるとヨガブラのおかげなのかなと本当に思いました。
評価:
30代前半 妊娠中 
サイズ:Eカップ(トップ90cm/アンダー70cm)
2人目の妊娠のときに、このヨガブラを使用しました。1人目の妊娠・出産の時にバストが垂れてしまったのが、ショックだったこともあり、2人目のときは予防も兼ねネットで下調べしたときにヨガブラが良いという口コミがあり使ってみることにしました。大きくなっていくバストに3回ほどサイズを変え購入しましたが、産後に1人目の時よりバストの形が変わっていないことを感じ、ヨガブラを使用して良かったなと思いました。
評価:
20代後半 妊娠中
サイズ:Dカップ(トップ96cm/アンダー78cm)
現在、1人目を妊娠中で8ヶ月目になるのですが4ヶ月目くらいからヨガブラを毎日使うようになりました。妊娠前から、姿勢や見た目が綺麗になったりすることがありヨガブラを3日に1度くらいで定期的に使用していました。妊娠を期にしなくなっていましたが、妊娠中にも良いらしいということで使用を再開しました。今のところ、バストに対して悩みも問題もなく使ってます。産後もこのまま使っていきたいと思ってます。
評価:
20代後半 産後ケア
サイズ:Cカップ(トップ92cm/アンダー77cm)
妊娠中から産後ケアまできちんとヨガブラを使用しました。ヨガブラはサイズが豊富なので、大きさが変わっていくバストに合わせ何回か購入しましたが、自分に合ったバストケアが出来ているとも感じましたし、何より断乳後の自分のバストを見たとき妊娠前と形がそんなに変わっていなかったのが嬉しかったです。旦那にも、他のパパ友達から色々話を聞いていたから、バストが垂れていくだろうなと思っていたからビックリと言われました。通販での購入なのでサイズ選びにだけ毎回苦労しました。
評価:
30代後半 産後ケア
サイズ:Eカップ(トップ103cm/アンダー83cm)
ママ友達との間で、ヨガブラが良いという噂になっていたので半信半疑で購入しました。今まで2人の子を妊娠・出産したときは一般のマタニティブラを使用していましたが、断乳後に大きく変わってしまっているバストに対し、これは仕方ないことと思っていました。しかし、3人目のときにヨガブラを使用したときには、いつものような想いをすることはなく、バストがそんな変わったとは感じませんでした。素材も柔らかいので、授乳で痛くなった乳首にも良いノンワイヤーブラだと思いました。

ノンワイヤーだから妊娠中も授乳中も苦しくない!

images
ヨガブラはノンワイヤーなので、着けていても楽というのがメリットの1つです。特に妊娠・出産でバストが多きく変わるときワイヤーがあることでストレスを感じたり、乳腺を締め付けてしまうことになってしまうのは嫌ですしNG行為ですよね。血行を悪くする恐れもあるので、ノンワイヤーブラに変えるのが本当に良いです。

デりケートなバストを守る綿素材

images
妊娠中・出産後というのは、肌がとても敏感になるときです。とてもデリケートな時期で、とてもデリケートな部分だからこそ安心出来る素材のものを使用したいですよね。ヨガブラのインナー素材はコットンを使用しているので、敏感な肌・かゆみやかぶれが出やすいというときには最適です。

妊娠中の肩こりや授乳中の猫背もしっかり改善出来るって本当?

images
ヨガブラのたすきストラップは、幅広いしっかりとしたストラップで背筋を伸ばしてくれる構造になっているので自然と姿勢が良くなります。そのことにより猫背が解消されたり、筋肉が正しい位置で使われることにより血行が良くなり肩凝りが改善されるということもあります。

授乳中は色の濃い紺や黒を選ぼう!

images
ヨガブラはカラーが豊富なことでも人気です。授乳中は汚れが目立ちにくいようにするのを考慮し、ダーク系のカラーを選ぶのをお勧めします。ダーク系と言っても、ブラック・チャコール・ネイビー・ブルーグレーとカラーが豊富なので、気分やお洋服に合わせてちょっとした変化を楽しむことが出来ます。

まとめ

妊娠中・出産後でも気軽に使用出来るヨガブラです。バストが変わりやすく敏感な時期だからこそ、ちゃんとしたものを使いたいですよね。サイズ展開も多いので、断乳後でも使用出来るのも嬉しいポイントと言えるでしょう。いつでも、どんなときでも、ヨガブラでバストケアをしたり、姿勢美人になることで一段と美しい女性になれるでしょう。

ヨガブラ公式販売サイトへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す