ジョモリーってどんな肌の人も使えるの?アトピー肌や敏感肌の人は?

除毛・抑毛石鹸のジョモリーは、幅広い人が使用していると思いますが、はたしてどんな人でも使うことができるのでしょうか?調べてみました!

ジョモリーの成分をおさらい

ジョモリー5

ジョモリーは石鹸ですから当然お肌に直接つけます。そのため、使用者の肌がどういうタイプであっても、成分について知っておくことは必要です。
ジョモリーがどういった成分で作られているのか、今一度おさらいしてみましょう。

・パパイン
・ブロメライン
・イソフラボン
・ラレアディバリカタエキス

これら4つが除毛・抑毛効果が期待される成分です。
それぞれの詳しい効果については別ページで説明させていただくとして、これらは主に毛髪のタンパク質に作用するように配合されています。

他に美容成分として
・ヒアルロン酸
・プラセンタ

などが配合されています。

これらの成分については、全て天然成分で作られています。
経口摂取の場合は問題が報告されていることがありますが、ジョモリーは口から摂るものではないので、心配は不要です。

>>ジョモリーの詳しい成分などは公式サイトでもご覧頂けます。

どんな肌でも使えるわけではない!

しかし結論から言うと、ジョモリーも天然成分とはいえ肌に直接付けるものなので、100%副作用が無いという代物ではありません。
例えば・・・
【ブロメライン】
ブロメラインはブロメライン軟膏という塗り薬があるほど一般的な成分で、元はパイナップルから生成されます。着目されている効果はタンパク質を溶かすことができるというもので、軟膏ではヤケドなどで壊死してしまった組織を除去するために使われます。ジョモリーでは毛のタンパク質を溶かし、毛の発生を抑えるために使われていますが、皮膚もタンパク質ですから長時間放置された場合にはダメージが大きくなってしまいます。

【パパイン】
毛穴の詰まりや角柱の除去を目的として配合されています。しかしパパインは近年、特定の化学薬品と配合すると、アレルギー反応が出ることがわかっています。アレルギー作用があるということは、アトピー性皮膚炎などで肌のバリア機能が低下している人は、避けるべき成分ともいえるわけです。

このように、各種配合されている成分には良い作用がある一方で、確実に副作用と言える悪い作用もあるのです。ジョモリーではトラブルが少ないように配慮・製造されていますので大抵の人は安心して使っても大丈夫だと思います。
が!これらの成分が入っていたものを使って以前トラブルがあったという人や、使用前のパッチテスト時に異常が現れたりしたら無理をせずに使用を中止することをお勧めします。

肌トラブルがあったら使っちゃだめ?

そうはいっても、ムダ毛ケアだって重要な問題ですよね。肌トラブルが出ているって人でも、ムダ毛ケアはしたいもの。
ジョモリーではどのような人の使用が推奨されているのでしょうか?
ceb5e021ffd606867faf9c85ac40305f
こちらはジョモリーの公式サイトに掲載されているQ&Aです。
ジョモリー自体、抑毛効果が出始めるのに数か月必要なほど作用の優しい成分しか入っていないため、敏感肌の人でも使用できたという人が多いです。
しかし、この回答にもあるように刺激のあるなしには個人差が大きく関わってきますので、使用する場合には様子をみながら行うことが大事ですね。

肌トラブルがでやすい人のムダ毛ケアの仕方

私も敏感肌で肌に直接つけるものについては、すごく気を使います。アトピーなどがある場合ならば、なおさらでしょう。
そこで肌トラブルが出やすい人は、どうやってムダ毛ケアをするのがベストなのでしょうか?

まずはパッチテスト

ジョモリー手
ジョモリーの公式サイトでも推奨していますが、天然成分とはいえ炎症や痒みを起こしてしまう人はいます。どんな除毛剤を使うにしても、まずは小さな範囲、目立たない場所でパッチテストを行いましょう。
この時、かゆみなどの症状が出てしまったら無理にその商品は使わないことが大事です。

いっときの効果だけで選ばない

ジョモリー_ダメ
世の中には一度にするっと除毛できる!とか、短い期間で全身くまなくできる!などを謳った商品がたくさんあります。これらの商品は一見、回数少なく一気にできるのでお得感もありますが、こうした商品に使われている成分の多くが強力に作用するようにできています。
除毛剤が世に出てきてから、主成分についてはほぼ変わっていませんが、この成分をどれだけ配合するかは商品によってまちまちです。
そのため、肌の弱い人はこれらの成分がどれだけ含有されいるかをよく見ましょう。
ジョモリーには一般的な除毛剤に使われる科学成分は一切入っていません。天然由来の成分を主成分にしているので、安心して使用できます。

使用方法を確認する

ジョモリー_チェック
特にふき取りタイプに多いトラブルですが、ムダ毛を拭き取る時に炎症を引き起こしてしまうトラブルが見られます。これらは使用方法としてどうしても肌を擦らなければならないため、肌の弱い人は通常の人よりもトラブルを起こしがちになってしまいます。
カミソリでも同様のことが言えて、肌に直接刃が当たる摩擦とカミソリ負けによるダメージがもともとあった肌トラブルを悪化させてしまうことも。
いくら良い成分の除毛剤でも使用方法によっては自分の肌に合わないものもあるので、これらにも気をつけて商品を選択することが重要です。
ジョモリーの場合は、泡立てた泡をケアしたい場所に乗せて、優しくもみこむことで除毛・抑毛効果が現れるものなので、擦る必要がなく、肌への負担が少ないのが魅力です。

使用する時期を考える

これについては肌の弱い人に限った話ではないですが、体調がすぐれない時などに無理やり使用するのは絶対にやめましょう。特に女性の場合、ホルモンバランスの崩れやすい生理中なのどの使用は、肌のトラブルが出やすい時期です。こうした時期をさけてケアを行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ジョモリーの主成分は肌に優しい成分であることが知られていますが、それでもトラブルがある状態の肌に使用する場合には、細心の注意が必要であるということがお分かり頂けましたか?
商品の即効性につられて何度も痛い目を見てきた私としては、あらためてこうした商品の成分や自分の現在の肌状態をしっかりと把握しているということがいかに大事かということを実感しました。
成分や自分の肌をしっかりと把握した上で、キレイな肌を目指していきたいものですね。

>>ジョモリーの詳しい成分や、効果を知りたい方はこちらへどうぞ。

口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

平均:  
 0 レビュー

SNSでもご購読できます。

記事検索

コメント

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>