アテニアスキンレタッチャーの効果を長持ちさせる使い方と白浮きしないコツ!

毎日のメイクで毛穴、小じわ、ほうれい線、くすみと悩みが尽きませんよね。
忙しい朝でも簡単にひと塗りしただけでまるで美肌アプリに写ったかのような輝く白い肌になれると話題のスキンレタッチャー。
実際使ってみると白くなりすぎてうまくメイクが出来ないと悩んでいる方はいませんか?

ここではスキンレタッチャーで、より効果的に美肌になれる使い方についてご紹介したいと思います。

スキンレタッチャーの正しい使い方は?

スキンレタッチャーは細かい粒子が白い光を放ち、顔の影を消して、なめらかな肌に整えてくれる化粧下地です。
ここでは正しい使い方をご紹介していこうと思います。

1回でどれくらいを目安に使えばいいの?

化粧下地が多すぎてしまうと油分が多くなってしまい、化粧崩れの原因にもなります。また、少なすぎても顔全体に塗れませんよね。

正しい一回の目安量は、パール一粒大の量です。
8mm玉のパールを指先に乗せた大きさが適量になります。

本当にちょっとで大丈夫です。

量がよくわからないという人は少量ずつ出して足りないようだったらまた追加して出すと良いでしょう。

正しい使い方

意外と分からない下地の正しい塗り方。なんとなく全体に塗るのではなく、正しい塗る方をすることでメイクが崩れにくく顔がより立体的で綺麗な顔立ちになれます。

まず化粧水などで肌を整えた後、両頬→おでこ→顎とのせていきます。
そして、顔の中心から少量ずつ外側に向かって伸ばしていきます。

仕上がり感は動画を参考に見てみると良いと思います!

全体に伸ばしたらスポンジで軽く押さえながらなじませていくと白浮きせずに明るさを調節できます。

仕上がりは自分の肌よりワントーン明るいのが目安です。

白浮きしてしまうのはなぜ?

化粧下地を少し多めに塗ってしまうと、白く浮いてしまった経験はありませんか?
私もメイク後大きな鏡で見たら顔だけやけに白くて、首との差に焦りました。

実は、白浮きする要因は一度に出す量が多い事です!
下地はサラサラしているので、つい多めに塗ってしまうと白浮きしてしまいます。

全体に塗った後、顔に馴染ませる事がポイントです。スポンジがなくても、手で少し馴染ませるだけでも白浮きを防げます。量は少ないかな?と思うぐらいでちょうど良いです。

化粧持ちを良くする正しい手順は?

化粧持ちを良くするには実は下地を塗る前のケアが重要なポイントで、化粧崩れの原因は肌の水分不足です!

肌の水分が足りないと、それを補う為に皮脂が分泌し化粧崩れが起きます。肌をしっかり化粧水などで保湿することで、余分な皮脂の分泌を抑え、化粧持ちが長くなります。

手順としては洗顔→スキンケア→下地→ファンデーションの順番がおすすめです。ベースがきちんと出来ていれば、薄塗りでも十分カバー出来ます。

▼洗顔後のスキンケア法と下地の塗り方

【アンケート調査!】もっとも多い手順は?

実際にスキンレタッチャーを使ったことがある方に、どんな手順で使っているのか聞いてみました!

28歳/混合肌 
評価:
洗顔→化粧水→乳液→日焼け止め→下地→パウダーファンデーション
ヨレにくい使い方は洗顔後の保湿の具合です。混合肌で鼻の脇がヨレやすいので皮脂が多そうなところは乳液を塗りません。ほっぺたのように乾燥しがちな部位は乳液で保湿をします。化粧下地を使う前処理が大切です。
32歳/ニキビ肌 
評価:
スキンケア(朝の洗顔マスク)→下地→日焼け止め(ビオレ)→ファンデーション(シャネルのリキッド)
テクスチャーが固めで少量でも十分にカバーできるので少しの量を使う事をおすすめします。あまり使いすぎると逆にヨレる気がします。真珠一粒分くらいで良いと思います。少しの量を肌に点々と乗せて、真ん中から広げていくような使い方をすると馴染むかと思います。
33歳/乾燥肌 
評価:
洗顔→化粧水→美容液→下地→パウダーファンデーション
乾燥肌なので心配でしたが意外にしっとりして全く乾燥しませんでした!テクスチャーがしっかりしてるので乾燥でたるんだ毛穴もフラットに整えてくれます。セットのファンデーションと一緒に使用していますが、以前使っていたものより時間がたっても全く崩れることがなく化粧持ちが抜群にいいです!余裕があるならやはり同じメーカーに合わせて使う方が間違いないように感じます。

朝の洗顔後はやはり皆さんしっかりスキンケアはしているのがわかります。洗顔後、まず化粧水、そこから乳液、または美容液、下地、ファンデーションと塗っているようですね。

また、日焼け止めを使う正しいタイミングがあります。そのことについてはあとの項目で説明いたしますね。

もっとみんながどんな手順で使っているのが知りたい人は、こちらの記事「アテニアスキンレタッチャーの口コミ」をご覧下さい。

アテニアのファンデーションとセットで使う方が効果が長持ちする!

スキンレタッチャーは、同じアテニアのファンデーションとセットで使うとより効果が長持ちします。

アテニアUVクリアファンデーションには見えない光がくすみを払う隠しピンク設計により、時間が経っても美肌が長持ちする効果があります。スキンレタッチャーを愛用されている人もセットで使うと、朝メイクしても夕方まで長持ちするという感想をいただきました。

もちろん自分の好きなファンデーションと合わせても綺麗な美肌になれますが、同じメーカーのもので合わせると下地とファンデーションの成分のバランスが取れるので相乗効果でより綺麗な肌を作ることができます。
また化粧崩れしにくくなります。

>>スキンレタッチャーの詳細はこちらから

日焼け止めを挟む場合はどのような手順がいいの?

スキンレタッチャーにもSP25/PA++とUVカットの成分が入っていますが、日焼け止めを追加してメイクをする場合はスキンレタッチャーの効果を下げないように下地前に塗りましょう。下地後に塗ってしまうとよれやすくなってしまいます。

画像元:肌らぶ

手順としては、
洗顔→スキンケア→日焼け止め→下地→ファンデーション
の順がおすすめです。

ただし、日焼け止めの種類がパウダータイプなどの場合は下地の前に塗ってしまうとヨレてしまうこともあるので、その場合は下地の後に塗るなど調節することをおすすめします。

カバー力が足りなかった場合は?

スキンレタッチャーを塗ってもどうしても消せないシミやくすみにはコンシーラーを使ってカバーしましょう。

▼コンシーラーを使う手順

画像元:アンチエイジングの神様

パウダーファンデーションの場合、洗顔→スキンケア→下地→コンシーラー→ファンデーションの順で使うのが良いでしょう。

リキッドファンデーションを使っている場合は、リキッドファンデーションの後にコンシーラーを使うと肌になじみ、よりカバー効果が上がるのでおすすめです。

パウダーかリキッドかでコンシーラーを使う順番を調節してください。

オフ後のお手入れもしっかり忘れずに!

綺麗にカバーしたメイクの最後はしっかりとメイクを落としましょう。

スキンレタッチャーはSPFが低いので肌への負担は少ないですが、粒子が細かいので毛穴の奥に残ってしまうと毛穴詰まりや黒ずみの原因になってしまいます。一度黒ずみになってしまうとなかなか取れないので、しっかり毛穴の奥まで汚れを落としましょう。

そして、たっぷりの化粧水と乳液で肌のキメを整え、しっかり保湿をしましょう。しっかりと保湿することで肌を外部からの刺激から守るだけでなく、皮脂の分泌も抑えてくれるので美肌を保つ為にはとても大切です。

まとめ

今までなかなか透明感の肌が出せずあまり効果が実感できないと悩んでいた方に、より効果的な正しい使い方についてご紹介させていただきました。
正しく使うことで輝く透明感肌を一日中実感できると思います。

少しの手順で化粧持ちも良くなるのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

>>スキンレタッチャーの詳細はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す